May 19, 2009

社員研修

ランパスの社員研修について

社員研修当社では各種社員研修プログラムをご用意しております。
社員研修とは人材教育であるとの視点にたってプログラムを組み立てております。

個人個人が高い能力を持っていたとしても、組織としてその能力を十分活用していなければ、その能力は意味をなしませんよね。
10の力を持っていても、5の力しか発揮していなければ、
7の力を持っていて、6の力をアウトプットしている人のほうが価値が高いと思いませんか?

プロ野球でもスター選手がそろっていても勝てないチームがありますよね。
あれって、組織として機能していないってことですよね。
つまり、持てる力を十分に発揮していない格好の例ではありませんか。

ところでこのページをご覧になられたあなたは、社員研修にご興味がある方でしょうか?


もしかしてこんなお悩みはありませんか?


●社員にヤル気がみられない。
●社員が頻繁に辞めていく。
●残業が多すぎる。
●若手社員が何を考えているかわからない。
●部下とうまく意思疎通できない。
●指示したことができない社員が多い。
●社内、社外でトラブル、事故が多発する。
●会議が意味のない集まりになっている。
●顧客からのクレームが多い。
●組織や人間関係がギクシャクしている。
●社内にストレスによる心身症患者を抱えている。

このようなことはビジネスシーンではしばしば見られることですよね。
そして、これらを引き起こしている原因は様々なケースが考えられますが何だと思われますか?
いずれのケースも原因の最たるものは「人」ではありませんか?

力を発揮していない「本人自身」そして「上司」、「部下」、「顧客」、「会社組織」、これらの「人」あるいは人に関わる事項が、大小あったとしても、要因となって、パフォーマンスの低下が起こっているとわれわれは考えています。

このような観点から、私ども「社員教育のランパス」では「人としてのコミュニケーション」の能力の向上に、もっとも力を入れています。
「コミュニケーション能力」の向上の目的は、いかにして「信頼関係を構築するか」ということなんです。
信頼関係を結ぶ相手は、自分と他人です。自分と信頼関係を結ぶという観念は私ども独特の表現かもしれませんね。自分自身に信頼関係を結んでいる人は逆境にも非常に強いものです。
また「自己イメージ」が高いため常に積極思考でもあります。このような人の口癖は、たとえば「これは失敗ではない、この方法ではうまくいかないことを学んだのだ」といったものです。
ポジティブな人の集団はとてつもないプラスのエネルギーを発します。
またネガティブな人がいるとその分、マイナスは避けられません。
人が変われば企業が変わります。

世の中には業務改善のための様々な「システム」がありますよね。
あなたの会社でもいろいろな手法が取り入れられているのではないでしょうか。
たとえば、会議、ISO、TBM、QC活動、OJT、などもその一例でしょう。
これらのシステム自体はすばらしいものです。
しかし、これらのシステムを扱うのは人間です。これらの活動を行うには必ず相手が存在し、コミュニケーションが発生しますから、そこでコミュニケーションの方法を間違えると、そのシステムはたちまち機能しなくなります。

「エンジンの作動オイルが流れなくなる」

どんなにすばらしい高機能なエンジンを搭載していても間違ったオイルを使用すれば必ず故障します。煙を噴出してからでは遅いのです。

ですから、コミュニケーション能力の向上は何をおいても最優先されるべき教育内容であるはずです。

私どものいうコミュニケーション能力とはただ単に

「上手に話す」「うまいプレゼンテーションとは」

というレベルの話ではありません。
それらももちろん重要です。
しかし今の時代、そんな当たり前の研修だけをしていては勝ち残れません。

私どもの研修では
「人」として身に着けるべき内容にまで落とし込んでいます。
キーワードは人としての信頼関係の構築です。
管理職であろうが、新入社員であろうが必要なことは1から学んでいただきます。

それともうひとつ、人として、企業としての「基準」の見直しです。

●時間が無い
●そんなこと無理に決まっている
●合格できるはずがない
●自分には無理です
●わが社では無理だ

こんな発言を平気で言っている人はいませんか?
このようなことを言っている社員が多ければ多いほどその企業はだめになります。企業のトップがそうであればなおさらです。
意識改革が必要です。このようなことについても考え方を改めていただきます。

たとえばある難関の資格試験の受験を渋る社員がいるとします。
その社員の言い分はこうです。
「私には絶対に合格できません。勉強する時間もありませんし」
しかし、会社としては是非その資格を取得してもらいたい。
あなたが社長ならどうしますか?

この時の社長の行動で会社は変わります。
社長のあなたが
「それもそうだな、無理だな」
と思ったら所詮それまでの会社でしょう。

しかし違う行動をとる社長もいるのです。
あなたが経営者ならどちらのタイプを選びますか?

社員研修というものは、受講した直後はモチベーションアップがはかられます。しかし1週間もすれば、その気持ちも冷めてくるのが現実です。
社員研修による効果や、アウトプットがなければ、ただ単に何十人、何百人という社員の時間を浪費しただけに過ぎません。
時間の浪費はお金の浪費です。研修を受けている時間は生産活動をストップしているので、このような研修実施による損害ははかり知れません。

このような、時間を浪費するだけの社員教育を私どももサラリーマン時代に経験しております。私ども「社員研修のランパス」では社員研修を受講いただいた後もその効果が継続し、改善されていくシステムをご提案しております。
別の言い方をすれば、研修で学んだことをそれが定着するまでフォローする、ということです。これは、研修会社にとっては荷の重い話です。しかしあえて私どもは「継続的な改善」が「持続的な改善」になるようご指導したいと考えております。貴社の発展のために一緒に考えます。

社員教育、人財教育をお考えの皆様、ご連絡をお待ちしております。


新入社員研修

■ ねらい
新社会人としての自覚をもち、積極的な行動をおこせる思考を身につける。
社会人としての基本的なマナーの修得。
ビジネスコミュニケーションの基礎を学ぶ。

■ 研修概要(一部)
・ 新社会人としての心構え
・ 社会人としてのマナー(服装、言葉使い、電話対応、来客対応)
・ 職場のルール
・ ビジネスコミュニケーション(報告・連絡・相談)
・ 目標設定(研修で学んだことをどのように活用するか)

■ 時間
1日目  10:00〜17:00
2日目  10:00〜17:00

■ 定員
ご希望に応じます

■ 料金
○ 受講料(当日の研修費用のみ)
30万円×2日=60万円

○ テキスト代
       受講者数×3000円

○ その他
講師1名、アシスタント1名の交通費、宿泊費(必要な場合)がかかります。
消費税がかかります。



 
中堅社員研修


■ ねらい
会社の現在と未来を担う、中堅社員のモチベーションアップをはかる。
後輩の教育、相談の受け方、顧客とのコミュニケーションスキルを修得する。

■ 研修概要(一部)
・ モチベーションアップ、積極思考が道を拓く
・ 後輩の適切な指導法
・ 効果的なプレゼンテーション、説明の技術
・ 顧客とのコミュニケーションスキル、クレーム処理の技術
・ 時間を作り出す。80対20の法則。
・ 目標設定(研修で学んだことをどのように活用するか)

■ 時間
1日  10:00〜17:00

■ 定員
ご希望に応じます

■ 料金
○ 受講料(当日の研修費用のみ)
30万円×1日=30万円

○ テキスト代
       受講者数×2000円

○ その他
講師1名、アシスタント1名の交通費、宿泊費(必要な場合)がかかります。
消費税がかかります。




管理職研修

■ ねらい
職場の活性化は、人間の活性化であることを学ぶ。
さまざまなコミュニケーション技術が、あらゆる人間関係、交渉説得の場面で
重要であることを学ぶ。現状打破の手法を学ぶ。

■ 研修概要(一部)
・ 部下を動かす指示の出し方、報告の受け方
・ 活気のあるチーム作りの手法
・ 顧客を納得させる交渉テクニック
・ 管理職としてのスピーチの心得、発言の心得
・ 究極の時間管理術
・ 現状打破、モデリングの手法
・ 目標設定(研修で学んだことをどのように活用するか)


■ 時間
1日  10:00〜17:00

■ 定員
ご希望に応じます。

■ 料金
○ 受講料(当日の研修費用のみ)
30万円×1日=30万円

○ テキスト代
       受講者数×2000円

○ その他
講師1名、アシスタント1名の交通費、宿泊費(必要な場合)がかかります。
消費税がかかります。




コミュニケーションスキルアップ研修
 
■ ねらい
○ ビジネス、家庭、プライベートいかなる場面においても力を発揮する
コミュニケーションスキルを修得する。
○ 自分と関わる人々とこれまで以上に信頼関係を深め、人生を幸福、成功に導く。

■ 研修概要
・ 自分のコミュニケーションスタイルを知る
・    言葉の力を知る
・ 話を聞く技術、話を引き出す技術
・ 初対面の人と信頼関係を築くコツ
・ いいたいことを上手に言う
・ 最強のチーム作りに絶対必要な言葉
・ コミュニケーションスタイルの目標設定

■ 時間
1日  10:00〜17:00

■ 定員
ご希望に応じます

■ 料金
○ 受講料(当日の研修費用のみ)
受講者 30名まで  30万円×1日=30万円

○ テキスト代
       受講者数×2000円

○ その他
講師1名、アシスタント1名の交通費、宿泊費(必要な場合)がかかります。
消費税がかかります。


上記以外の内容もご用意しております。
貴社のご要望もお聞かせ下さい。
半日研修にも対応いたします。
お問合せいただければお見積もりを作成いたします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/aamakun/22431722